「思考」と「言霊」のお話をします。

 

思考の方向性がポジティブかネガティヴ、どちらがいいかといえば、ポジティヴが良いに決まってますよね。社会にとっても、自分自身にとっても、プラスを生むエネルギーを発する、ポジティヴ・シンキングが大切だとおもいます。

Positive Thinking.Thinking positively

そうです、大切なのは前向きに考えること、です。ポジティヴな言葉を発するだけで既に心地よいアロマの香りがしてきそうです。

 

私の本業の世界では個人事業主が多く、納税の義務当然あるものの、一般的な社会人のように社会保障制度もなく、日雇い労働者・フリーター的な存在と変わらない扱いを受けています。人気商売でファンありきの世界。身体的にも精神的にも「怪我」をしないように、必死にがんばってる人が大半です。好きなことやってご飯たべてるんだから、うらやましいよ、とおっしゃるかたもいるとおもいますが、ある意味食べられているだけでも儲けもん、というくらい低収入の世界でもあります。

その世界自体が現代社会の中で需要と供給のバランスが決して良くない世界だからです。

 

テレビなどで活躍されているミュージシャンたちは、音楽家さんたちは一握りで、すべての音楽家が彼らのように潤っているわけではありません。イメージでは作曲して曲が一発当たろうものなら、印税がっぽり、不労所得があって余裕の生活なんだろう、と思われる世界です。

 

現実はほど遠いものです。

 

しかし、自分で選んだ道ですから、運良くこの世界で生きられていることに毎日感謝する気持ちしかありません。多くの音楽家達の悩みは、来月仕事があるかなぁということ。それくらい日雇いのように生きている方が圧倒的に多いということを理解されてください。

 

どんな業種でも、生きていれば将来の不安や悩みはつきないものです。

 

毎回毎度仕事に行くたびに批評・評価される、日々面接を受けているような感覚があって、プレッシャーに感じなかった勢いある若い頃はまだ良かったのですが、守るべき物は増えたり、お仕事の内容によっては、必ず良い結果を出さないといけないという、必要以上のプレッシャーを強く感じるときなど、精神的にまいってしまうことがあります。結果ありきで、評価されないと次がない。そういう厳しい世界でもあります。

 

音楽の世界だけではないですね、これってどんな世界も同じかもしれません。

 

そこで、

 

不安や悩みを根本的に解消する方法があります。

そんな簡単にできるのか?と思われるかもしれませんが、実は意外にお金もかけず、自分自身の在り方次第で、解決の糸口が見つかるのです。

ポジティヴ思考で乗り切る

どうしても批判がしんどいとか、自分の中にある不安材料を払拭できないことってありますよね。社会にいれば、イヤでも必ず人と絡むわけですから、その人たちの目、評価、どう思われているんだろう、などなど「外圧」には際限がありません。

 

自身が「わぁー、しんどいぞー」と、感じた時点で自己肯定スイッチをいれてみましょう。

 

そう、自分はできる、イケている、余裕だ、ノー問題、完璧、OK、最高、などなどプラスのエネルギーが生む言葉を体内で連呼してみるのです。

 

暗示です。自己暗示をかけてみてください。

 

多くの一流の方々と接してて感じるのは、とにかく、プラスエネルギーのレベルが半端じゃないのです。周囲の人を巻き込んで、全員を幸せにしている。その人と関わることで、周囲の人達が幸せを感じる事ができるようなオーラや空気感を持ってらっしゃる方が多いのです。

 

そういうパワーを放つほどのポジティヴエネルギーを蓄えるためには、自分がやっていること、やるべきこと、できていることを更に充実させることです。

 

文章を書く仕事をしている方はたくさんいらっしゃいます。その中で、感動を与えられる小説家などは私が目指したいなぁと憧れる存在でもあります。独自の視点と発想で、世界観を言葉だけで表現できるなんて素晴らしい能力ではありませんか。すごいことです。

良い言葉、心地の良い言葉を放ち、クオリティーの高いものを提供する

言うのは簡単!とおっしゃる方もいるかとおもいます。

  

人を批判したり、マイナスな表現を使うことをできるだけ避けて、自己肯定スイッチを入れて、自分を励ますのと同じように読み書きを継続しつづければ、自信もつきます。音楽の仕事では、実は言葉も多用します。音だけではないんですね、音をどう使って表現をするのか、何を表現するのかを、できる限り詳細に言葉に落とし込む必要性があります。

 

言葉で言えないから音楽なんだよ、は二流の世界です。最高の芸術作品は、言葉が伴い、感性と知性の融合なのですから。

 

そして一流の方々は語彙があるのです。天は二物を与えず、といいますが、いや、与えます(笑)

悪口を言わない、文句を言わない、ネガティブな思考にある方は、ほとんどいないといって過言ではないでしょう。

 

素晴らしい事だとおもいますが、これがなかなか実は難しい。

 

前向きかつポジティブなスタンスで、何事にも向き合う方は良い結果を残すものだと信じています。実際に、多くの成功者は顔が明るく、下向き加減ではありません。声に張りがあり肌つやが良い。

 

健康であること、前向きであること、エネルギーがプラスにあること、そして大変大事なのは謙虚さです。

 

この概念もまた、ポジティブなクオリティの一つだとおもいます。

謙虚さが穏やかな空気を作る

穏やかさってどう生まれてくるでしょうか。 静けさ、穏やかさ、謙虚さ、どれも通じる言葉ではありませんか? 大声で叫んだり、わめいたり、うるさかったり、傲慢だったり、、、正反対ですね? 謙虚な姿勢は人の目に、そして心にどう映るかを踏まえて人と接することで、自分自身の生活、在り方に与えるプラスエネルギーは計り知れないとおもいます。 喜びと潤いに直結するといっても過言ではありません。 ですから、日々自分の口から発する言葉には魂が宿っており、その言葉によって人は良くも悪くも影響をうけるのです。  

 

おすすめの記事